医師の求人情報について

職探しにはフットワークを軽くしてアンテナを広げるのが大事

医師としての働き方は二通りある勤務医を選ぶ人が増えており職探しの情報収集は重要職探しにはフットワークを軽くしてアンテナを広げるのが大事

これをもとに就職活動を行う事で、より明確に自分の希望を持って面接に臨めるというメリットがあります。
もう1つ医師求人に際してのポイントを述べますと、ドクターの職探しの中には、暗黙の了解として教授などによる推薦というものがあるのをご存知でしょうか。
これはどのような事かと言うと、医学部で学生であった際の教授や先輩など、または研修医時代にお世話になっていたドクターなどから、この病院で働かないかというお誘いがある事も少なくないのがお医者さんの世界でもあります。

年収・ポストを手にしている50歳前後は、外科医にとって、新たな働き方を探る転換期となります。


転科するなら50歳前の早い方がいいし、メリット・デメリットをしっかり比較して求人探しをしていきましょう。
https://t.co/HsKNzL5TKK

— Tomona (@tomopanblog) March 24, 2020
中には先を見据えておいて、研修医の時から教授クラスの先生と懇意にしている学生もいますし、反対に教授に目をつけてもらって引き抜きをされるというケースもあります。
いずれにしても、自分が気に入った職場を見付けるためには、まず自分が働きたいと思える場所を見付ける事であり、その為には積極的に自分の足で病院を廻ってみたり、先輩などに情報をもらうなど、フットワークを軽くしてアンテナを広げていくという心掛けが大切になります。